http://dango3jpjp.blog19.fc2.com/
真鯛はどこへ・・・
2008-04-25 Fri 00:04
先週たまたま釣った真鯛。
今度は、狙ってやる。


17時テル吉宅へ集合し、一路蒲刈へ。
いつものように、AK釣具に寄り、橋の通行券を購入。
すぐ横のスーパーで食料を調達。

さぁ、出発!と思いきや若者たちが車の横で何か叫んでる。
『後ろ開いてますよ~~~~!』
テル吉がハッチバックを閉め忘れたらしい(-。-;)

『ありがと~~♪』

再度出発!

と、今度はAK釣具の店員さんらしき人が何か叫んでる。
『後ろタイヤへこんでますよ~~~!』

ブッ(-。-;)

パンクか?
とりあえず『ありがと~~~♪♪』

で、再々度出発。

すぐ先のガソリンスタンドでタイヤの空気圧をチェックしてもらう。
『こりゃ、パンクですねぇ』

( ´ ・ ω ・ ` ) シ ョ ホ ゙ ー ン

すぐ修理できるらしくお願いする。

まぁ、この時点でわかってよかった。
橋渡った後、しかも深夜に発覚でもしたら帰れんかったかもしれないしね。

若者と、店員さんに感謝デス。


まずは、定番のOJ港へ。
潮はまったり。
釣れそうな気配なし・・・・

たま~に釣れるのはマイクロメバルのみ。
早々に飽きてきたので、マグレ狙いのシーバスやコウイカで時間をつぶす。
テル吉は黙々とメバル。
ポツポツとキープサイズを確保してるみたい。

22時を過ぎた頃、本命のM港へ移動。

しかし、ベストポジションには先行者が3人。
やむなくその横で、テル吉と竿をだすも、先週のような勢いはなく潮の流れも速く、苦戦。

ヨッパらしき地元のおいちゃんが、青年にからんで(?)いる。
青年は丁寧にその突っ込んだ質問に真面目に答えてる。
えらいなぁ。と思いながら、こっちに話しかけるなよ~とやや離れて黙々とキャスト。

進展はないと踏んで青年に教えてもらったすぐ近くの波戸へ再度移動。
しかしながら、ここでも早い潮に対応できずなかなかキープサイズを伸ばせない。

だらだらと、午前4時を迎え『そろそろ帰りますか~』と言い残し、車へ向かって歩いていると、
テル吉が『きたよ~』
ほほ~と思いながらも帰宅モード。
車にタックルを放り込んだとたんテル吉から着信。
『キープ3連荘ぢゃ~~~~( ̄ー+ ̄)』

慌てて戻るが、う~ん。
まぁ、ちっとは釣れたが。

結局、メバル7、カサゴ3。

写真?ありません。
この時点でブログはじめるつもり全くなかったし( ´▽`) エヘヘ

とにかく速い潮に対応できなかったのが敗因。
でも、帰り際常連らしきアングラーの一言で目からウロコ。

次回はリベンジするぞ~~~~!!
スポンサーサイト
別窓 | 出撃記録 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<真鯛ふたたび。 | ぼちぼちと。 | 何を書くかと言えば、>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ぼちぼちと。 |