http://dango3jpjp.blog19.fc2.com/
ピノキャロ考
2008-06-13 Fri 22:50

最初に知ったのはもちろん本家『ピノキャロ』
せっせといっぱい作りました。


『プロ並みだな・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...』っと自画自賛できるほどに。


0.3号、0.5号、0.8号、1.0号、1.1号(0.3+0.8) と、様々なバージョンにて。
ピノキャロ

しかしながら、毎週のように使ってるといくつかの問題が出てきた。


その①  ずれる
ウキ止め糸で固定するんだけど、その結び方が悪いのか、キャストを目いっぱいするせいなのか、たんびにずれる。
我慢できないことはないんだけど、毎回元の位置に戻すのがめんどい。


その② 裂ける
特に寒い時期に多いんだけど、FIXパイプにラインが食い込んでくる。
これはおそらくキャストのせい。
寒くて硬くなったFIXパイプをラインが切り裂くためだと。
こうなると、遊動ではなくなる。


その③ ロストする
普通に考えたら、根掛りしたときに切れるのは最も弱いと言われる結束部。
そう、ジグヘッドとラインの結束部であるはず。
が、必ずしもそうではなく、ピノキャロごと失う事も少なくない。
ラインに傷が入ってるのかどうかは解明できなかったけど、とにかくロストしてしまう。


その④ 手間取る
アジングを始めた頃はそんなに気にならなかったけど、慣れてくると結構ウェイトの交換をするようになる。
ピノキャロだと、一旦ラインを切らないと交換ができない。
改良型ピノキャロだと交換も簡単みたいだけど。
潮の速さに合わせて、アジのレンジに合わせてウェイトの調節はとても重要。






そこで登場するのが『ウェイトストッパー』

サルカンを介したリーダー方式を採用することで、上述の問題点を一気に解決!


ゴム管で固定するので、ずれません!
パイプを使用しないので裂けません!
サルカンより上に固定するのでロストしません!
ゴム管外せばすぐ交換できます!


考えられる欠点といえば、


その① アタリの不明確さ
ピノキャロの遊動性が失われることにより手元に伝わる魚信が鈍くなる。
って、よく言われるけど、下手くそアングラーにはそんな繊細なアタリはわかんないから関係なし♪


その② 高価
市販品は結構な値段がするんだよねぇ。
でも、そんなにロストする事もないし。


しかしながら、安上がりにかけてはトコトン追求するビンボーリーマンとしては、自作するっきゃない。

らじゃ


その制作方法はまた次回ってことで♪





スポンサーサイト
別窓 | お道具箱 | コメント:3 | トラックバック:0 
<<勝利宣言。のち・・・ | ぼちぼちと。 | 原チャリ遠征>>
この記事のコメント
no.64:
まだまだアジングのァの字も知らない頃・・・今日はお魚お休みだァ
・・・と納得していたのに、後から来られた人たちが、活性が高い、と
爆釣。 教えてもらっても僕らには・・・シーン・・・ アジにムシ、蟲、無視され悔しい思いをしたね。その日からピノキャロに出会い今の釣りバカになったよなァ~感謝 感謝
明日、仕事で遅くなるけど 出撃しますよ~

2008-06-17 Tue 00:13 | URL | テル吉 #-[ 内容変更]
no.65:
■テル吉さん

ですよねぇ。
衝撃的な実力差を見せつけられ、その悔しさからドップリと浸かっちゃいましたね♪

毎度の休日出勤ご苦労サマです。
天気は何とかもちそうなので、夕方ぐらいから出撃しようかなと思案中デス。
2008-06-17 Tue 08:37 | URL | だんご #-[ 内容変更]
no.66:
S港に来る時は長靴が必要だよ。 今夜は浸かるよ ガラガラになるかも
2008-06-17 Tue 12:39 | URL | どんぐり #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ぼちぼちと。 |